マンション投資のお悩み解決サイト

マンション投資のお悩み解決サイト

いまさら聞けないマンション投資の「い・ろ・は」おしえます

初心者でも安心! マンション投資会社おすすめ5選

サイトマップ

マンション投資入門サイトHOMEローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】ローンの審査は厳しいの?

ローンの審査は厳しいの?

ここでは、多くの方が気になるであろう、不動産投資ローンの審査についてみていきましょう。

不動産担保ローン審査でチェックされること

よほど資金力や実績がある人なら別ですが、審査される側、とくに不動産担保ローンがはじめての人にとって、どのようなところを知られるのか、パスする基準はなんなのか、どのくらいで結果がでるのか、などなど、ローン審査はドキドキ以外のなにものでもありません。

一般的なローン審査でチェックされる主なポイントを説明します。

ローンの審査ポイント

主なポイントは以下の通りです。

  • 年齢
  • 健康状態
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 借入金の有無
  • 借入金があれば額と返済状況
  • 融資した場合の年収に対する返済比率

会社員であれば勤務先・勤続年数がチェックされますが、3年以上の勤続実績があればひとまずOK。

自営業者の場合に審査基準となるのは、有資格者であるかどうか、黒字経営であるかどうかなどです。

健康状態は、生命保険に加入できることが大前提ですが、ひん死の体に鞭打って不動産投資をはじめようとする人はそうそういないでしょうから、ほとんどの場合は問題ないでしょう。

現在、借入金のある人は審査に引っかかりやすいポイントとなるので要注意。

とくに滞納歴があったり、借入先が消費者金融だったりすると心証がよくありません。

また、何度も転職している人だと、その内容(キャリアアップかどうかなど)についても審査される場合があります。

不動産投資ローンでも、基本的にはこれらと同様のポイントが審査されます。もちろんこれに加え、担保となる不動産の状況も審査されます。

区分マンションだと審査がパスできないケースも少なくありませんが、1棟マンションなら通りやすいといわれています。

次に、審査に通りにくい人のケースです。

こんな人は審査に落ちる?

審査に通りにくい人としては、以下が挙げられます。

  • 借入金の滞納歴がある
  • 消費者金融から借入金がある
  • 転職を繰り返している
  • 健康状態に問題がある
  • 1棟マンションではなく区分マンションである
  • マンションの築年数が古い、資産価値が低い

要するに信用がある人かどうか、そして所有している(または所有しようとしている)資産の価値が高いかどうか、を金融機関はみているのです。

築年数が経っていても、リフォームなどで資産価値が高まっていればパスしやすいですし、反対に新築マンションでも立地や家賃設定などに問題があれば、審査ではじかれる可能性もあります。

このあたりは資産状況次第ですので、まずは自分の身辺を整えて、審査が通りやすい環境をつくっておきましょう。

初心者もスッキリ!マンション投資のギモンを解決
そもそも、儲かるの?
どういう仕組みなの?
どれくらい資金がいるの?
マンション投資のメリットをわかりやすく解説!
年金になるってどういうこと?
どれくらいの節税効果があるの?
生命保険の代わりになるってホント?
資産運用はうまくいくの?
【コラム】リスクやデメリットはあるの?
いろんな人のマンション投資事例を見てみよう!
サラリーマン編
公務員編
女性・主婦編
会社選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
会社を選ぶ基準は?
ダメな会社、怪しい会社の見分け方は?
口コミや評判で選ぶおすすめの投資会社はどこなの?
会社の特徴や評判は?
トラストクリエーション
日本財託
メイクス
ギブコム
レイニッチ
クレアスライフ
アセットリード
リズム株式会社
和不動産
ダイムラー・コーポレーション
みなとアセットマネジメント
物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
建物のタイプ編
投資のテクニック編
【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?
ローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
不動産投資ローンは普通のローンと何が違う?
ローンの借入先はどこがいい?
ローンの審査は厳しいの?
契約時に必要な書類や手数料は?
経営・運用についての悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
空室になったら収入ゼロじゃないの?
地震や災害が起こったらどうするの?
毎月の経費はどれくらいかかるの?
物件リフォームのタイミングは?
管理を委託したら何をしてくれるの?
確定申告では何をすればいいの?
ダメな物件はいつ売却するのがいい?
【コラム】法人化した方がいい場合とは?
【用語集】不動産投資の重要キーワード一覧
サイトマップ