マンション投資のお悩み解決サイト

マンション投資のお悩み解決サイト

いまさら聞けないマンション投資の「い・ろ・は」おしえます

初心者でも安心! マンション投資会社おすすめ5選

サイトマップ

マンション投資入門サイトHOMEローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】不動産投資ローンを扱う金融機関の種類は?

不動産投資ローンを扱う金融機関の種類は?

不動産投資ローンの融資をうけるには、どの金融機関で申し込むのがいいのでしょうか。そのあたりのポイントを探ってみましょう。

金融機関によって違う不動産投資ローン金利

マンション経営などの不動産投資をはじめるには、多額の資金が必要となります。

そんなときに利用することになるのが、不動産投資ローン。

しかし、不動産投資ローンの金融商品を取り扱っている金融機関には、都市銀行や信用金庫、信託銀行、公庫、ネット銀行、ノンバンクなどがあり、はじめて利用するにはどこで借りるのがいいのか、わからないかもしれません。

各金融機関の不動産投資ローンの特徴は、どのようになっているのでしょうか。代表的なものをまとめてみました。

代表的な借入先ごとの審査基準・金利の概要まとめ

国内で不動産投資ローンを利用する場合の金融機関についてまとめました。

都市銀行

東京や大阪などの大都市に本店を、日本全国に支店や営業所を構え、メガバンクとも呼ばれています。取り扱っている預金や取引量が多いため、地方銀行や他の金融機関よりも、低い金利で融資を受けられる点が大きな特徴。

不動産投資用のローンを組む際に、メガバンクから融資を引ければ、物件の購入・運営ともに有利に進められるでしょう。

しかし、メガバンクの融資評価基準は、地方銀行や信用金庫などの他の金融機関に比べて厳しいと言われており、相談者の属性によってはなかなかローンを組ませてもらえない、という厳しい現実もあります。

地方銀行

地方都市に本店があり、銀行名にその土地の地名が付けられていることの多い地方銀行。近年では、日本全国に支店を構えるような大規模な地方銀行も増えてきています。

とはいえ、メインの利用者層は本店を構える地域の企業や住民です。そのため、物件によっては、メガバンクよりも好条件で融資を受けられる可能性もあります。

不動産投資ローンの種類もメガバンクに劣らない品揃えとなっており、利用しやすいと言えます。金利はメガバンクよりやや高いものの、同じく地方に特化した信用金庫や信用組合に比べると低めです。

信託銀行

一般的な地方銀行や信用金庫などよりも、貸出金利が低めの信託銀行。ですが、ローンの審査を通過するのは簡単ではありません。信託銀行のメイン利用者は富裕層のため、融資を受ける際にも年収や職業など、厳しい審査基準が設けられています。

例えば、自己資金額が数千万円以上など、財力のある方でないと融資の対象とは、みなされないことが多いので、注意しましょう。ただし条件を満たしている方は融資額によってフルローンを組める可能性があります。

ノンバンク

銀行とは違い、資金を貸すことで運営されているノンバンク。金融機関や条件によっては、自己資金が全くない状態でも、物件価格の100%を借りられるフルローンや、それに加えて諸費用までも借りられるオーバーローンも利用できます。

融資実行までの審査スピードが早く、また、審査基準も銀行ほど厳しくないので、資金調達が容易。しかし、その分、金利は3~5%と高めに設定されています。 

政府系金融機関

政府が出資する公的な機関のため、法人を設立したばかりの人や社会的弱者に積極的な融資をしてくれます。特に高齢者や女性は優遇されており、他の金融機関で借りるよりも好条件での貸しつけを行なってくれるでしょう。

気になる金利は1~2%半ばと低めの設定。しかも、固定金利なので、金利が上がる前に融資を受けられれば、資金計画に余裕が出るでしょう。

ただし融資期間と融資額に上限があり、最大10年間、融資される額も4,800万円までとなっています。

ネット銀行

ネットと郵送だけで手続きが完結することから、近年人気を集めているネット銀行。必要最小限の実店舗のみで運営が可能なことから、各種融資の金利が低めに設定されており、その点も利用者増を進める要因でしょう。

多くのネット銀行では、住宅用ローンや多目的ローンをメインに扱っていますが、中には不動産投資用の金融商品を、用意している銀行もあります。


「自己資金がまったくない」というケースであれば、ノンバンク系から融資をうけるしかありませんが、もっともおすすめなのは都市銀行、もしくは地方銀行の不動産投資ローンです。

金融機関としての信頼性の高さもありますが、最大の理由はその金利の低さ。

不動産投資ローンは高額な融資となりますから、金利が1%違うだけでも最終返済額がまったく異なるのです。また、毎月の返済額も低くなり、収益を圧迫しないですみます。

融資や金利の交渉テク

一方、都市銀行の不動産担保ローンの最大のネックとなるのがその審査・条件の厳しさ。

ですが、実は交渉しだいで厳しい審査をくぐりぬけて、融資を引き出すことは可能なのです。

ポイントは、いかにプライムレート(信用の高い取引相手に適用される、最低貸出金利。最優遇顧客向け)を引き出せるか

その交渉術をお教えしましょう。

まず、狙っている銀行以外の金融機関で見積もりを出してもらいます。そのなかから、もっとも低い金利のコピーをもって銀行へ交渉に。

最初はその金利は伏せて、融資条件を提示してもらいます。その提示金利が高かった場合、ほかの金融機関での低金利での融資条件を伝え、下げてもらえないか交渉。

「その証拠がほしい」と言われれば、コピーを渡してください。

当日の返事は難しいかもしれませんが、これで低金利の金融機関同等の条件で貸してもらえる可能性があります。

また、交渉にあたってはなるべく上席の行員と話しをすること。

いずれにしても、相手も百戦錬磨の銀行員ですから、粘り強く交渉することが最大の秘けつともいえるでしょう。

初心者もスッキリ!マンション投資のギモンを解決
そもそも、儲かるの?
どういう仕組みなの?
どれくらい資金がいるの?
マンション投資のメリットをわかりやすく解説!
年金になるってどういうこと?
どれくらいの節税効果があるの?
生命保険の代わりになるってホント?
資産運用はうまくいくの?
【コラム】リスクやデメリットはあるの?
セミリタイアできるの?
相続対策に有利って本当?
いろんな人のマンション投資事例を見てみよう!
サラリーマン編
公務員編
女性・主婦編
会社選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
会社を選ぶ基準は?
ダメな会社、怪しい会社の見分け方は?
口コミや評判で選ぶおすすめの投資会社はどこなの?
会社の特徴や評判は?
トラストクリエーション
日本財託
メイクス
ギブコム
レイニッチ
クレアスライフ
アセットリード
リズム株式会社
和不動産
ダイムラー・コーポレーション
みなとアセットマネジメント
物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
建物のタイプ編
投資のテクニック編
【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?
ローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
不動産投資ローンは普通のローンと何が違う?
ローンの審査は厳しいの?
契約時に必要な書類や手数料は?
経営・運用についての悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
空室になったら収入ゼロじゃないの?
地震や災害が起こったらどうするの?
毎月の経費はどれくらいかかるの?
物件リフォームのタイミングは?
管理を委託したら何をしてくれるの?
確定申告では何をすればいいの?
ダメな物件はいつ売却するのがいい?
【コラム】法人化した方がいい場合とは?
【用語集】不動産投資の重要キーワード一覧
サラリーマンのお金の悩みを解決!
子どもの教育費ってこんなに!?
給料が全然上がらない…
時間がないサラリーマンでもできる副業
新しいマンション投資の形とは?
マンスリーマンション投資
高級賃貸投資
シニア向けマンション投資
民泊運営
シェアハウス運営
海外マンション投資
成功するマンション投資の手法とは?
区分マンション投資の成功手法
一棟マンション投資の成功手法
中古マンション投資の成功手法
新築マンション投資の成功手法
サイトマップ