マンション投資のお悩み解決サイト

マンション投資のお悩み解決サイト

いまさら聞けないマンション投資の「い・ろ・は」おしえます

初心者でも安心! マンション投資会社おすすめ5選

サイトマップ

マンション投資入門サイトHOME物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】建物のタイプ編

建物のタイプ編

マンション投資において、物件選びは投資を成功させられるかどうかの大きなポイント。とくに建物のタイプをどうするかが、その後の運命を左右するといっても過言ではありません。物件のタイプごとに比較しながら、もっとも有利な物件を購入することが求められるのです。ここでは、そのために必要な選び方のコツについてみていきましょう。

成功する!マンション投資物件の選び方

投資用マンションには、新築マンションと中古マンションがあり、また購入・所有方法にも、それぞれに一棟所有と区分所有があります。

さらに突き詰めていけば、ファミリー向けタイプのマンション、単身向けのワンルームマンションがあり、これらを選択していかなければいけません。

手慣れたベテラン投資家なら、「この物件の特徴は何」「このマンションのメリットはコレ」と見極めて、資金・目的に応じて的確な判断で投資を進められます。

しかし、これからマンション投資を検討している方や、まだ投資をはじめたばかりの方にとっては、何をどう選べていいのかわからないのではないでしょうか。

建物のタイプ別におすすめをチェック!

まず、はじめに決めておきたいのは、新築マンションにするか中古マンションにするか。

価格は高いながら、設備の新しさやニーズにあったデザインなどから、人気があって入居率が高いのが新築。かたや、設備面、機能性では劣るものの、価格の安さや入居実績などをみて判断できるのが中古の特徴です。

いずれもメリット、デメリットがありますが、劣化の進行具合にさえ気をつければ、ビギナーにおすすめなのは中古マンションです。

低資金で購入できるうえ、すでに入居者がいる物件を選べば、新規募集する必要も空室のリスクもありません。新築より利回りが高いのも魅力でしょう。

より詳しくはこちら→新築と中古はどっちがいい?

線

次に決めるのは、一棟か区分かということですが、結論をいってしまえば、おすすめなのは区分マンション

数百万円からはじめられる手軽さに加え、世帯数が減少する2019年問題などを考えると、将来的に一棟所有よりも有利だからです。

一方、一棟所有は、一度に複数戸の部屋を入手できるため購入労力がかからないほか、ほかに所有者・地権者がいないため、自分の判断で修繕などの決定ができます。しかし、将来性を鑑みて、区分マンションをおすすめとします。

より詳しくはこちら→一棟と区分はどっちがいい?

線

最後に決めることになるのが、ファミリータイプかワンルームタイプかということ。

ファミリータイプは高い賃料収入と定住性が見込めるものの、空室が埋まりにくいことや、景気で賃料が左右されやすいことなどが欠点。

反対に、ワンルームタイプは賃料が景気に左右されにくく安定していて、空室ができても埋まりやすいメリットがあります。

低資金からはじめられることもあり、ビギナーの方にはワンルームのほうが投資には最適でしょう。

より詳しくはこちら→ワンルームとファミリーはどっちがいい?

他にもチェックしたい!投資マンションの種類

マンション投資のための物件選びで、他にも見ておくべきポイントがあります。それは、タワーマンションを始めとする高級賃貸と、高齢化社会に対応するためのシニア向けマンションについて説明します。

高級賃貸投資

都内や首都圏都市部・湾岸部に林立しているタワーマンションをはじめ、高級賃貸物件が不動産投資家の間で人気を集めています。

その理由は、高い資産価値に連動して、安定した収益が得られることです。タワーマンションの高層階やデザイナーズマンション、1室の専有面積が100mm²以上の物件などは、毎月の賃料が10万円以上というものも珍しくありません。

そのため、保有する物件によっては、ご自身の給料と合わせて、日本人の平均年収を大きく上回ることも可能なのです。

また、特にタワーマンションの高層階であれば、相続税の財産評価が市場価値よりも低く算出されるため、相続対策としても有効です。

近年は訪日外国人の数が増加しており、中には仕事の都合で年単位で日本に滞在する人や、元々定住目的というケースも。

そういった人たちは自由にできるお金が多いので、住む場所や物件にもこだわるのだとか。必然、設備の良い高級賃貸に注目が集まるようです。

高級賃貸物件を持つことのメリットや注意点をまとめていますので、こちらも参考にしてください。

近年注目のマンション投資の形「高級賃貸投資」について詳しくみる

シニア向けマンション投資

超高齢化が進む中で年々注目が高まっているのが、シニア向けマンションや住宅型有料老人ホームへの投資です。

高齢者の数に比例して、特別養護老人ホームの入居待機人数も増加し、病院のベッド数も不足していることから、入社待機問題解決のための受け皿として、今後シニア向けマンションが求められる可能性は非常に高いと言えます。

さらに一般的な賃貸物件に投資するよりも入居率が高く、家賃下落リスクが少ないため、より安定した収益を見込めます。

住宅型有料老人ホームであれば、1室当たりの居住面積を抑えられるので、同条件の賃貸物件よりも利回りが向上します。

新築の物件を購入するよりも初期投資の費用を安く抑えられることから、中古物件を購入した後、シニア向けにリフォームしてマンションを運営するオーナーも増えつつあります。

空室に家賃下落という、一般的な賃貸物件の2大リスクを回避する手段として、注目の投資方法です。

投資用にシニア向けマンションを持つことのメリットや注意点をまとめていますので、こちらも参考にしてください。

近年注目のマンション投資の形「シニア向けマンション投資」について詳しくみる

初心者もスッキリ!マンション投資のギモンを解決
そもそも、儲かるの?
どういう仕組みなの?
どれくらい資金がいるの?
マンション投資のメリットをわかりやすく解説!
年金になるってどういうこと?
どれくらいの節税効果があるの?
生命保険の代わりになるってホント?
資産運用はうまくいくの?
【コラム】リスクやデメリットはあるの?
セミリタイアできるの?
相続対策に有利って本当?
いろんな人のマンション投資事例を見てみよう!
サラリーマン編
公務員編
女性・主婦編
会社選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
会社を選ぶ基準は?
ダメな会社、怪しい会社の見分け方は?
口コミや評判で選ぶおすすめの投資会社はどこなの?
会社の特徴や評判は?
トラストクリエーション
日本財託
メイクス
ギブコム
レイニッチ
クレアスライフ
アセットリード
リズム株式会社
和不動産
ダイムラー・コーポレーション
みなとアセットマネジメント
物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
建物のタイプ編
投資のテクニック編
【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?
ローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
不動産投資ローンは普通のローンと何が違う?
ローンの審査は厳しいの?
契約時に必要な書類や手数料は?
経営・運用についての悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
空室になったら収入ゼロじゃないの?
地震や災害が起こったらどうするの?
毎月の経費はどれくらいかかるの?
物件リフォームのタイミングは?
管理を委託したら何をしてくれるの?
確定申告では何をすればいいの?
ダメな物件はいつ売却するのがいい?
【コラム】法人化した方がいい場合とは?
【用語集】不動産投資の重要キーワード一覧
サラリーマンのお金の悩みを解決!
子どもの教育費ってこんなに!?
給料が全然上がらない…
時間がないサラリーマンでもできる副業
新しいマンション投資の形とは?
マンスリーマンション投資
高級賃貸投資
シニア向けマンション投資
民泊運営
シェアハウス運営
海外マンション投資
成功するマンション投資の手法とは?
区分マンション投資の成功手法
一棟マンション投資の成功手法
中古マンション投資の成功手法
新築マンション投資の成功手法
サイトマップ