マンション投資のお悩み解決サイト

マンション投資のお悩み解決サイト

いまさら聞けないマンション投資の「い・ろ・は」おしえます

初心者でも安心! マンション投資会社おすすめ5選

サイトマップ

マンション投資入門サイトHOME物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?

【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?

相場よりも割安で不動産を入手することができる競売。ここでは、競売での投資用のマンション入手についてみていきましょう。

競売不動産のメリットとリスク

裁判所が差し押さえた物件を、入札で落札するのが競売です。

専門業者や司法関係者しか参加できないようなイメージがありますが、ある程度の法律知識さえ身につけておけば、一般の人でも入札・落札することは難しくありません。

競売で物件を入手するメリットは、冒頭でもふれたように市場価格よりも安価に不動産を購入することができること。

競売には最低落札価格があり、入札ではそれを上回る金額を指定すればOK。1円でも高ければ問題ありませんが、複数の入札者がいる場合は腹の探りあいとなるので、素人はビギナーズラックにかけるしかないかもしれませんね。

安値で競り落とし、高値で売却してくことを繰り返せば、わらしべ長者になることも夢ではないでしょう。

競売のデメリットとは?

ただし、競売もデメリットはあります。

税金の滞納など、なにか諸事情があって裁判所が差し押さえた物件なので、前歴がクリーンとは限らず、なかには「落札してみたら元の所有者が政治団体の幹部だった」なんていう話も。

いまは一見きれいな外見でも、「以前はゴミ屋敷だった」「事件現場となった」などいわくつきの可能性も否定できないのです。

もし、こうした点が心配なら事前に自分で十分に調査する必要があります。

「隠れた瑕疵への担保責任」がないのも競売不動産のデメリットでしょう。

つまり、屋根が雨漏りする、一部腐食しているなど不動産になんらかの欠陥があり、それを引っ越してから気づいたとしても手遅れ。欠陥を知らずに購入したとしても、法律上は競落者の責任となります。

また、落札から引き渡しまでにさまざまな手続きがあるなど、法律に明るくなければいろいろと煩わしいのも事実。

結論としては、確かに競売物件は安く入手できる可能性があるものの、素人にはハードルも高くリスクもある、ということです。

信頼できる不動産投資会社を選んでマンション投資をすることが、結果的には安く、かつ安全に不動産を入手できるといえるでしょう。

初心者もスッキリ!マンション投資のギモンを解決
そもそも、儲かるの?
どういう仕組みなの?
どれくらい資金がいるの?
マンション投資のメリットをわかりやすく解説!
年金になるってどういうこと?
どれくらいの節税効果があるの?
生命保険の代わりになるってホント?
資産運用はうまくいくの?
【コラム】リスクやデメリットはあるの?
いろんな人のマンション投資事例を見てみよう!
サラリーマン編
公務員編
女性・主婦編
会社選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
会社を選ぶ基準は?
ダメな会社、怪しい会社の見分け方は?
口コミや評判で選ぶおすすめの投資会社はどこなの?
会社の特徴や評判は?
トラストクリエーション
日本財託
メイクス
ギブコム
レイニッチ
クレアスライフ
アセットリード
リズム株式会社
和不動産
ダイムラー・コーポレーション
みなとアセットマネジメント
物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
建物のタイプ編
投資のテクニック編
【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?
ローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
不動産投資ローンは普通のローンと何が違う?
ローンの借入先はどこがいい?
ローンの審査は厳しいの?
契約時に必要な書類や手数料は?
経営・運用についての悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
空室になったら収入ゼロじゃないの?
地震や災害が起こったらどうするの?
毎月の経費はどれくらいかかるの?
物件リフォームのタイミングは?
管理を委託したら何をしてくれるの?
確定申告では何をすればいいの?
ダメな物件はいつ売却するのがいい?
【コラム】法人化した方がいい場合とは?
【用語集】不動産投資の重要キーワード一覧
サラリーマンのお金の悩みを解決!
子どもの教育費ってこんなに!?
給料が全然上がらない・・・
時間がないサラリーマンでもできる副業
新しいマンション投資の形とは?
マンスリーマンション投資
民泊運営
シェアハウス運営
海外マンション投資
サイトマップ