マンション投資のお悩み解決サイト

マンション投資のお悩み解決サイト

いまさら聞けないマンション投資の「い・ろ・は」おしえます

初心者でも安心! マンション投資会社おすすめ5選

サイトマップ

失敗しないマンション投資塾

このサイトでは、これからマンション投資をはじめたいサラリーマンの方のために、知っておくべき基礎知識から成功するための応用テクまでのお役立ち情報をまとめています。

また、利益を出せるおすすめのマンション投資会社も比較で紹介しています。

とくに次のようなお悩みやニーズのある方は、各コンテンツを参考にしてみてください。

子持ちサラリーマンのお財布事情はかなり深刻・・・

35歳サラリーマン、子どもが生まれたばかりで妻と3人毎日幸せな生活を送っている・・。でもちょっと待ってください!将来お金が足りなくなるってことを知っていますか?

子どもの教育費・・・1,000万円

幸せの真っただ中にいるのに水をさすようで申し訳ないのですが、子どもを1人育てるのにいったいいくらくらいかかるのかご存じでしょうか?
実は、想像できないくらい多くのお金が必要なんです。では子どもの教育費用のために、どのくらいのお金を準備すればいいものなのでしょうか?教育費は単に入学金や授業料だけでなく、教科書、制服、給食、部活、遠足、文房具、塾など学校に関して必要な費用全てになります。

私立か公立かによっても違ってきますが、幼稚園から大学まで全て公立に行った場合でも800万円くらいかかります。子どもがうまれてすぐに毎月4万円ずつ18歳まで貯金したとしても、やっと864万円。毎月4万円貯金しても足りないんです。

35歳サラリーマン、もらえる年金・・・わずか8万円

最近、日本の年金制度は破綻していると良く言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。確かに少子高齢化の日本では今後どんどん高齢化が進み、年金額が下がっていくことは容易に予想できます。

年金は5年ごとに見直しが行なわれていますが(財政検証)、2009年の見直し時に将来もらえる年金額は減ることが分かっていました。その次の2014年の見直しでは、当然ながらさらに減ることが判明しています。
自分たちの親より上の世代のように年金だけで豊かに暮らせる時代はもう終わってしまったのです。

現在35歳のサラリーマンで月収が40万円、妻が専業主婦の場合、なんと将来もらえる年金額は夫婦でたったの15万円!これだけしかもらえずにどうやって生活していけというのでしょうか・・・涙

お金を増やしたいど増やせないサラリーマン事情

将来のためにお金が必要なのは十分わかっています。だけど、増やしたくても増やせないんです・・・。その理由はというと・・・

副業禁止・・・

給料だけでは生活が苦しい、将来のために蓄えておきたい、子どもの教育費をなんとかしたい、そう考えて副業を考えるサラリーマンは多いのですが、ほとんどの会社で会社員の副業は禁止されています。

最近では社員をつなぎとめるためなどを理由に副業を認める会社も増えてきてはいますが、副業OKといっても忙しいサラリーマンには副業をすることは難しいでしょう。

副業が禁止されていても会社に内緒でこっそりと行うこともできますが、バレるリスクを考えるとなかなか難しいです。

もし副業がばれた場合の処分は、一番軽い順に「訓戒、戒告」(口頭で厳重注意)、減給、出勤停止・自宅待機、降格、論旨退職、解雇という道が待っているからです。

時間がない・・・

会社で副業が認められているから副業しようと思っても、実際にはなかなか難しいことです。

サラリーマンというのは本業が忙しいものです。特に30代の働き盛りというと会社の中でも中心となって動く責任のある立場の方も多く、企業リサーチサイトVorkersが発表した2016年の発表によれば35歳~39歳の平均残業時間は75時間という驚くべき集計結果がでています。

ぎゅうぎゅうの満員電車に朝も昼も乗って、会社では身を粉にして働き、家に帰ってからは子育てや家事を手伝う、もちろん時間もないですが、体もへとへとに疲れ果ててしまいます。そんなサラリーマンには手間や時間がかかる副業をすることはとても無理でしょう。

時間をかけずに資産を築く方法

そんな多忙なサラリーマンが副業をするには、時間や手間をかけずにできるものでなくてはなりません。株投資、せどり、ライター、プログラマーなど世の中には副業になるものは色々ありますが、サラリーマンにおススメなのは自分の手を動かさなくて済む投資です!

短期投資より長期投資

投資といっても短期投資と長期投資があります。

短期投資とは株などが値上がりした時にすぐ売却するという投資方法で、短期で大きく儲けられることができますが、売り時を逃さないようにいつも見ていなくてはなりません。また大きく儲けられる反面、大損するというリスクもあります。また素人が短期投資で大儲けするということはまずありません。

長期投資は将来の伸びを予測して値上がりを待つ投資方法で、長期的な伸びを予測する必要があります。株式ならこれから売れそうな会社の株を購入し10年、20年後に利益があがれば株価も上がります。またマンション投資はすぐに大きな収益を得ることはできませんが長期に安定して収益を上げることができます。

忙しいサラリーマンには長期投資がおすすめです。中でもわたしはなんといってもマンション投資をおすすめします。

マンション投資がおすすめな理由

むちゃくちゃ忙しくて時間がないプラスお金がない、だけどお金が必要・・・というサラリマンにおススメなのはマンション投資!その理由は?

1 時間的制約があまりない

サラリーマンというのは忙しいもの。特に30代というと会社では責任のあるポジションに立って部下を率い、家庭では子供が生まれたりするので家事や子育ての手伝いをしなければならないため、自分のための時間はほとんどとれないでしょう。またマンションや一戸建てをローンで購入するのもこの年代。給料だけではとても生活できないので副業を考える人も多いですが、休日や就業後に働くのはとても無理な話です。

マンション投資などの不動産投資は物件を探して吟味し契約するまでには労力や時間が必要になりますが、物件を取得して管理会社に管理の代行を依頼してしまえば、後はほとんど手間がかかりません。まさにサラリーマンにぴったりの副業といえるでしょう。

株式投資などは市場の変動に合わせて頻繁にチェックし、売買をくりかえさなければならないので副業としてはサラリーマンには不向きです。

2 副業とみなされないでできる!

サラリーマンの副業は禁止、万が一会社に見つかった場合には最悪「解雇」ということになってしまう。だから副業ができないと思っている方がとても多いです。

しかし実際にはそんなことはありません。最近は副業を認めているという会社も増えていますし、副業が本業のサラリーマンの仕事に悪影響を及ぼさなければ法的にも問題ではないのです。

もし就業時間中に本業以外の副業をしていた場合、会社の収益自体に悪影響を及ぼすわけですから言い訳をする余地はありません。しかし手間のかからないマンション投資ならサラリーマンとしての本業に支障をきたすということはなく会社に迷惑をかけることもないので全く問題ありません。とはいえ副業の不動産投資に没頭するあまり就業時間中に毎日居眠りをしているなどという場合は日常の会社の仕事に悪影響を及ぼしているので問題となるので注意しましょう。

※就業時間外のマンション投資は問題ないといっても、会社の就業規則は確認してくださいね。

3 長期的に安定した収益

最近では副業として不動産経営をしているサラリーマンが増えています。同僚がやっているから自分もやってみたいと考えている方も多いですが、購入資金がないから無理とあきらめてしまっている方が多いというのも事実です。

確かに何棟もマンションを所有して運用するような場合は大変なことです。しかし安定的な収益が見込める東京などの都会にマンションの1部屋を区分所有するというマンション投資なら、まとまった自己資金がなくても始められます。

安定的な収益があればローンを組んでも返済やマンション管理費を入居者の家賃収入で賄えるので資金もリスクも抑えられるというわけです。

マンションのローンを完済した後は完全なる不労所得となり、子どもの教育費や老後の資金のために蓄えができるだけでなく、資産としてマンションが残るのです。

【実録】35歳サラリーマンの資産形成

大学卒業後、中堅企業に就職し30歳で同期女性と結婚、34歳で息子が生まれたのをきっかけに妻は退職して専業主婦になってしまったNさんご一家。それまでは2人分の給与収入があったので余裕のある生活を送っていたのですが、子どもが生まれてからは3人の生活がNさん一人にかかっているので全く生活に余裕がなくなってしまいました。それどころか同僚から、これから教育費に莫大なお金が必要という話を聞き、今後、昇給にもあまり期待できず、年金制度も破綻していると言われているのに、どうすればいいのだろう・・・と将来に不安を感じていたのでした。

そして子どもの将来のお金を考えた時に、今の稼ぎと貯金ではとても間に合わないということが分かり、何かできる副業はないかと模索、仕事が終わってからや昼休みにせどりやFXなどをおこなっていました。しかし体力的に厳しく、とても続けることができませんでした。もっと時間をかけずにできる副業がないかと探していたところ、職場の同僚がマンション投資をして上手くいっているらしいということを耳にしたのです。自分もやってみたいと思ったのですが何から手をつけていいのか全くわかりません。インターネットで検索したり、たくさんの書籍を読んだり、マンション投資会社に連絡したりして情報を収集、これならサラリーマンをしながらでもできそうだと確信してスタートしました。

投資会社と相談して利回り8%、1000万円弱の区分マンションを購入、年間80万の上乗せに成功し、子供に不自由させることなく成人させることができただけではなく老後に備えた資産形成もできたのです!

多忙なサラリーマンでも兼業できるうえに面倒な賃貸募集や管理などは管理会社に依頼すれば、ほとんど自分の手間はかからないマンション投資。まさにサラリーマンにピッタリの副業といえるでしょう。

マンション投資の失敗のリスクってないの?

マンション投資会社に騙された・・・

不動産投資会社はマンション投資の重要なパートナー。マンション投資をしたい人の希望をかなえるために親身になって頑張ってくれますが、中には悪質な業者も存在します。

マンション投資に成功している友達を持つHさん。自分もやってみたいと思っていたところ新聞のちらしでとても好条件の物件を見つけました。現在開発中の一大リゾート施設の中に建設されるリゾートマンションで、近くに高速道路もできるので、いずれ土地価格も値上がりし、賃貸価格もどんどん上がるのは間違いないという物件でした。高層階は既に芸能人やセレブが購入済で、もう残っているのは数戸という状態で、その物件も検討中の人が何人もいるので、早く契約しなければなくなってしまうというのです。そんな人気物件なら間違いないだろうと考えたHさんは、早々に手付金を支払って売買契約を結びました。

自分が住むわけではないとはいえ、これから建築するマンションです、借りる人が喜んでくれるようなステキなものにしたいと、システムキッチンもちょっと値がはりましたがピアノ塗装のモダンなものにし、バスルームには家庭用サウナを設置、照明は北欧の有名なデザイナーのもの、壁紙などにもこだわり、完成を楽しみに待っていたのでした。

しかし、いよいよ待望の物件引き渡し、残代金の決済という日になって業者に連絡がとれなくなってしまいました。そして物件登記を調べると既に物件は売却されてしまっていたのです。

手付金は業者に持ち逃げされてしまい、戻ってくることはありませんでした。

このような例はバブル期には頻繁にありましたが、最近でも特に高齢者を狙った詐欺として良くあるケースなので、業者選びには十分に注意するようにしましょう。

忙しすぎて管理できない・・・

ずっと憧れだったマンション投資を始めたサラリーマンのMさん。最初に都内に区分マンションを1戸購入しました。少し築年数がたっていたのですが、それを考慮しても、かなりの格安物件。スーパーや図書館なども近くにあって生活にはとても便利な場所ということもあり、家賃が相場より高めでも賃貸希望者が多く空き家になることもありませんでした。大学卒業して10年ちょっと、ずっとサラリーマンで不動産投資については全くの初心者でしたが、不動産投資会社と管理代行契約をし、何もかもお任せという状態でスタートしました。毎月のローン返済には家賃を充当していたのですが、それ以上の収益があったので数年後には大分貯金も貯まってきました。そこでもう1つ区分マンションを持つことを検討、融資審査にも通り、晴れて2軒目を持つことになったのです。マンション管理については2軒目も管理代行してもらおうと思ったのですが、最大限の利益が欲しく欲張って「自主管理」してみることにしたのです。1軒やるなら2軒も同じことだろうと、最初の管理代行契約もキャンセルしてしまいました。

サラリーマンとしての仕事はとても忙しかったのですが、平日に自宅に帰ってからと土日にマンションの仕事をこなすという多忙な日々が続きました。最初のうちは「自分も2軒のマンションオーナーだ!」とサラリーマンとマンション管理という2足のわらじを履き、忙しくも楽しく過ごしていたのですが、体のほうがだんだんきつくなってしまい、会社の仕事が終わるとフラフラ、土日に体を休めることもできず、ついに体を壊して入院することに。さらに悪いことは続くもので、最初に購入したマンションの入居者が家賃を滞納し、2軒目は借り手が見つからないという状態になってしまいました。やっぱり欲張らずに管理をお任せすればよかったと後悔し、最初にお任せしていた投資会社に再び管理をお願いすることになったそうです。

区分マンション投資が上手くいったので調子にのってしまった・・

Tさんは30代後半のサラリーマン、給料に限界を感じて株やFXなどに手をだしてきましたが、悉く失敗してきました。あるときたまたま立ち寄った本屋で目にした「お金がなくても出来る不動産投資」という本、パラパラ見てみると、なんだか自分でもできそうなことが沢山書いてあります。さっそく購入してじっくり読んでみました。

なかでも地方の駅前にあるマンションを格安で購入して成功した例があまりにも上手くいっていたので自分でもできると確信し、ある地方都市の駅前にある分譲マンションの1部屋を100万円という価格で購入したのです。毎月5万円で貸し、修繕費に毎月5000円かかったものの毎月45000円の収益がありました。最初のマンション投資が思いのほか上手くいったので、もう1物件購入したいと考えるようになり、もう少し利益があるようにと3000万円の1棟マンションをフルローンで購入したのです。固定資産税が高い物件ほど融資がおりやすいので自己資金がなくてもフルローンで購入することができたのですが、これが間違いだったのです。家賃収入が上がったので所得税や健康保険料や子供の保育料が上がり、支出が月に数十万円増えてしまい、物件を購入する前よりもお金がないという状態になってしまいました。やがて税金も払うことができず滞納が続き、ついには財産差し押さえの通知が届いてしまいました。

Tさんの場合、最初の区分マンション物件が上手くいったからと資金もないのに1棟マンションに手を出してしまったところが失敗でした。マンション投資を始めるには、自分にあった分相応の物件を購入し無理のない運用をし、ちょっと儲かったからと資金もないのに大口物件に手を出したりしないようにすることが重要です。

営業マンの上手い話しにだまされた

社内でも真面目だと評判のサラリーマンのKさん、今まで株や競馬などのギャンブルもしたことがありませんでした。ある時地元のクラス会に行ったのですが、同級生の一人が不動産関係の仕事をしていました。不動産に関する話には全く興味がなかったのですが、たまたま横の席に座ったこともあり、色々な世間話をしていくうちに日本の年金制度が破たんしてるという話になり、子どもの将来や自分の老後はどうしたらいいのかということからマンション投資の話題になりました。友人によると、最近サラリーマンでもマンション投資をしている人が増えている、子どもの学資保険よりもメリットがある、ローン完済後には家賃収入があるだけでなくマンションという資産がのこる等々、聞いているうちに自分も是非始めてみたいと思うようになり、後日、友達に詳しい話を聞くことにしました。Kさんは都内に住んでいましたが、ちょうど都内に新築ワンルームマンションを建設中で利回り5%、マンション価格は2,000万円、まだ完成していないというのに残りは2戸という物件があり、その2戸も商談中なので、購入するなら早い方がいいといわれ、妻とも相談して購入することにしました。

物件が完成し賃貸を始めると、家賃からローンを支払っても月に5,000円の収益があり、順調なスタートができたなぁと思っていたころ、別の投資会社から連絡がありました。そこの営業マンに「マンション投資はリスク分散すべきだ、いくつかの物件を分散して持った方が安全だ」超人気エリアのワンルームマンションが今なら格安で買える、賃貸物件にするなら空き保証もすると勧められ、もう1室購入しました。それから3年間は順調だったのですが、あるとき同時に空き室になり、リフォーム費用に数十万円、後から買ったマンションはもともと人気のない土地でなかなか借り手がみつからず、家賃を半額に下げてやっと入居者が決まったものの既に赤字状態。物件を勧めた営業マンも退職してしまっていて空き保証の話も嘘だったことがわかりました。ローン返済もままならなくなり、消費者金融からお金を借りて返済していたものの半年くらいで無理になって物件を売却。しかしマンションは購入価格の半額以下でしか売却できず、最終的に自己破産ということになってしまいました。

自分で決めてしまった・・・

35歳サラリーマンのIさんはなんでも自分でやりたいタイプ。マンション投資をする時も自分なりに猛勉強して不動産投資のことなら何でもわかるというくらいになってから始めました。人任せにすることが嫌いなので、もちろん物件選びから何から何までほとんど自分で決めました。

不動産の物件探しといえば、昔は不動産屋に行ったり、新聞のちらしを見たりしていたものですが、最近は自宅にいながらにしてインターネットで日本全国の物件を閲覧でき、比較検討することができます。Iさんも自分の条件にあう物件をピックアップし、十分に比較・吟味してから一番の物件を購入。自分の購入した物件は、これ以上のものはない最良物件だと思っていたのですが・・・。

ところが、後から知り合いの不動産屋に聞いた話によると、なんと不動産物件の4割は「非公開」だというのです。そこで条件をあげて物件を調べてもらい、条件にあうものをいくつかピックアップしてもらったところ、なんと全てが自分が購入した物件よりも良いものばかりだったのです。Iさんは知りませんでしたが「良い物件は公開していない」というのが、この業界ではあたりまえのことだったのです。Iさんは初めて自分がどれだけ浅い知識でやっていたのかと後悔しました。

最初から何でも一人でやろうとせず、専門家であるマンション投資会社に相談していれば、こんなことにならなかったのですが、後悔先にたたず、ですね。

みなさんもマンション投資をするときには、まずはマンション投資会社に相談することをおすすめします。

失敗しないためにマンション投資会社選びは重要です!

マンション投資を始めてみたいという方は、色々な本を読んだりインターネットで情報を得たりしていると思いますが、マンション投資を行う上で大事なのは、一生付き合っていける投資会社を選ぶことです。

マンション投資は長期に安定した収益を確実に得ることができる堅実な投資です。そのために最も大事なのはパートナーとなる投資会社で、マンション投資の成功を左右するといってもよいでしょう。

【投資会社を選ぶ時のポイント】

管理代行がある

物件管理には入居者募集、家賃の集金代行、家賃滞納の督促、入居者からのクレーム対応などの賃貸管理と共用部分・敷地内清掃、設備の保守点検など建物を物理的に管理する建物管理があります。賃貸経営を専門に行っている投資家の方の場合、自分で管理をしている方もいらっしゃいますが、サラリーマンが本来の仕事をしながらこれらの業務をこなすのは無理なので、管理業務を委託する場合がほとんどです。
管理会社の対応によっては空室率や家賃収入に大きな差が出ることもあるので、管理業務をしっかり行ってくれるかどうかは重要なポイントです。

顧客のことを第一に考えてくれる

サラリーマンがマンション投資をする時には投資会社にマンション選びから管理まで依頼することがほとんどです。そのため顧客の立場になり顧客目線で親身になって考えてくれる業者を選ぶことが大切です。顧客目線で物件を選び、顧客の立場に立って投資物件の将来を考え、リスクなども伝えた上で不安などについてもサポートし、購入後にも相談やフォローしてくれる、そんな会社を選ぶべきでしょう。

このサイトでは、初めてのマンション投資におすすめの会社を紹介していますので、気になる方は気軽に問い合わせてみてくださいね。

掲載されている情報は、管理人が個人で集めたものです。
最新の投資会社情報等は、各公式ページでチェックしてください。

初心者もスッキリ!マンション投資のギモンを解決
そもそも、儲かるの?
どういう仕組みなの?
どれくらい資金がいるの?
マンション投資のメリットをわかりやすく解説!
年金になるってどういうこと?
どれくらいの節税効果があるの?
生命保険の代わりになるってホント?
資産運用はうまくいくの?
【コラム】リスクやデメリットはあるの?
いろんな人のマンション投資事例を見てみよう!
サラリーマン編
公務員編
女性・主婦編
会社選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
会社を選ぶ基準は?
ダメな会社、怪しい会社の見分け方は?
口コミや評判で選ぶおすすめの投資会社はどこなの?
会社の特徴や評判は?
トラストクリエーション
日本財託
メイクス
ギブコム
レイニッチ
クレアスライフ
アセットリード
リズム株式会社
和不動産
ダイムラー・コーポレーション
みなとアセットマネジメント
物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
建物のタイプ編
投資のテクニック編
【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?
ローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
不動産投資ローンは普通のローンと何が違う?
ローンの借入先はどこがいい?
ローンの審査は厳しいの?
契約時に必要な書類や手数料は?
経営・運用についての悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
空室になったら収入ゼロじゃないの?
地震や災害が起こったらどうするの?
毎月の経費はどれくらいかかるの?
物件リフォームのタイミングは?
管理を委託したら何をしてくれるの?
確定申告では何をすればいいの?
ダメな物件はいつ売却するのがいい?
【コラム】法人化した方がいい場合とは?
【用語集】不動産投資の重要キーワード一覧
サラリーマンのお金の悩みを解決!
子どもの教育費ってこんなに!?
給料が全然上がらない・・・
時間がないサラリーマンでもできる副業
サイトマップ