マンション投資のお悩み解決サイト

マンション投資のお悩み解決サイト

いまさら聞けないマンション投資の「い・ろ・は」おしえます

初心者でも安心! マンション投資会社おすすめ5選

サイトマップ

失敗しないマンション投資塾

このサイトでは、これからマンション投資をはじめたいサラリーマンの方のために、知っておくべき基礎知識から成功するための応用テクまでのお役立ち情報をまとめています。

また、利益を出せるおすすめのマンション投資会社も比較で紹介しています。

とくに次のようなお悩みやニーズのある方は、各コンテンツを参考にしてみてください。

マンション投資のノウハウ

マンション投資をする際に、まず押さえておきたいポイントは、会社選びの基準と、怪しい会社の見分け方の2つを知ること。

まず、会社を選ぶ基準は収益を上げられる物件を紹介・仲介してくれること。そして管理を代行してくれたり、顧客目線でさまざまなサポート・アドバイスをしてくれたりすることです。

そして、怪しい会社の見分け方は、その手口・特徴をしっかり知ること。悪質業者特有の営業姿勢や、優良業者・悪質業者の見極めポイントなども押さえておくとなおよし。

これらの情報について以下のページで詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

マンション投資のノウハウ【会社を選ぶ基準は?】

マンション投資のノウハウ【怪しい会社の見分け方は?】

マンション投資会社ピックアップ!#1トラストクリエーション

投資会社としての実力はもちろん、スタッフの人がらや接客などが、口コミでも評価の高いマンション投資会社。全国の他社物件も紹介可能なため、それぞれの条件や希望に見合った物件が見つかりやすいのも強み。

賃貸管理にも定評があり、入退去からクレーム対応までマンション運営にかかわるあらゆる点に対応してくれます。節税効果の高い一棟マンションも取りあつかいアリ。

おすすめのマンション投資会社
トラストクリエーションについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#2日本財託

リスク面を重点的に分析し、低リスクでより収益性の高い物件を紹介してくれる実力派のマンション投資会社。その分析力は管理物件の入居率にもあらわれており、そのパーセンテージは実に99.25%。

有利なデータだけでなく、不利なデータについてもオープンにしてくれるので、投資にかんする専門的な知識がなくても安心して任せられます。取りあつかい物件は、都内の中古マンションがメイン。

おすすめのマンション投資会社
日本財託について詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#3メイクス

メイクスは、デザイナーズマンション物件に特化していることが特徴。それも、デザイナーズマンションなら何でもよい、というわけではありません。

取りあつかうのは、立地はもちろん、その設備や外観、内装など、ありとあらゆる点から厳選されたマンションばかり。入居率が98%と高いことからも、物件の質の高さをうかがい知ることができます。入居者募集や集金業務など、管理体制も万全です。

おすすめのマンション投資会社
メイクスについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#4ギブコム

あらゆる形態のマンション投資を手がけていますが、とくに中古物件に強いのがギブコム。中古マンションの販売や再生事業もしているため、中古のなかでも実績の高い物件の情報に精通しています。

もちろん、オーナーへのサポートも充実。「空室保証プラン」(募集家賃の95%を保証)などのフォロー体制が整っているほか、不動産セミナーなども開催しているので、マンション投資ビギナーでも安心して任せられます。

おすすめのマンション投資会社
ギブコムについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#5レイニッチ

レイニッチの特徴は、中古ワンルームマンション専門であるところ。中古ワンルームはすでに実績があるので低リスクである点や、購入額と売却額との差が少ない点が魅力です。また、新築に比べて安く購入できるという利点があります。

さらに、レイニッチは仲介手数料が0円なのもうれしいところ。賃貸管理や税務関連のサポートも充実しており、低予算、低リスクでマンション投資をはじめたいビギナーは要注目の会社でしょう。

おすすめのマンション投資会社
レイニッチについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#6クレアスライフ

1,000円/月と格安の管理手数料で評判のクレアスライフ。ローコストなのはオーナーに対してだけではなく、入居者にも同じ。たとえば、更新料も低額にしていることで、継続して入居してくれます。

そのため空室率も低く、入居率は驚きの99%。安定した家賃収入を見込むことができます。万一、家賃滞納があっても最長で6か月の家賃保証があるため、オーナーに負担がかかることがないものクレアスライフの強みでしょう。

おすすめのマンション投資会社
クレアスライフについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#7アセットリード

自社開発した物件をはじめ、立地や品質にこだわった物件を多く抱えているマンション投資会社が、アセットリード。とくに、都心部に良質な物件が多数あるため、高入居率・低空室率で収益性の高いマンション投資をすることができます。

マンション投資がはじめての方でも、セミナーや窓口などで丁寧に相談にのってくれるので安心。また、少ない資金でも投資できる「レジデンシャル投資」も手がけているので、興味のある方はチェックしてみてください。

おすすめのマンション投資会社
アセットリードについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#8リズム株式会社

マンション投資のなかでも、低リスクで安定した家賃収入の見込みやすい中古物件を中心に取りあつかうリズム。ただ中古マンションを紹介・仲介するだけでなく、住まう人目線でリノベーションしてより物件価値を高めるという手法をとっているのが特徴です。

それも単にリノベーションするのではなく、手がける物件はあらゆるデータを駆使して競争力の高いマンションのみを厳選しています。また、資産運用コンサルタントが在籍している点も、頼もしいポイントでしょう。

おすすめのマンション投資会社
リズム株式会社について詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#9和不動産

和不動産が取りあつかう投資用マンションは、厳密な審査をパスした物件のみ。そのいずれも独自のルートで収集してきたマンションなので、他社では出会えなかった物件に巡りあうこともできます。

サポート体制も充実していて、購入後のトラブルはすべて自社の責任のもと対処するほか、定期訪問や電話連絡など、オーナーに負担をかけないフォローシステムが整っているのも魅力です。

おすすめのマンション投資会社
和不動産について詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#10ダイムラー・コーポレーション

顧客満足度の高さに定評のある、ダイムラー・コーポレーション。顧客のうち、約7割が2棟以上の物件を購入していることからも、その満足度の高さがわかるのではなでしようか。プランニングから購入後のサポートまで、オーナー目線でわかりやすく丁寧に提案・フォローしてくれるのが強みです。

同社の投資物件会員サイトでは、まだ他社には流通していない未公開物件も数多く紹介しており、ライバルに先駆けて優良物件を手にすることができるかもしれません。

おすすめのマンション投資会社
ダイムラー・コーポレーションについて詳しくみる

マンション投資会社ピックアップ!#11みなとアセットマネジメント

みなとアセットマネジメントは、首都圏のなかでも都心部へのアクセスにすぐれたエリアの物件を集中的に取りあつかっているマンション投資会社。そのため収益物件が豊富で、はじめてのマンション投資でも比較的低リスクではじめやすいでしょう。

また、不動産相続によるマンション経営を得意としていて、換金性や収益性の側面から的確なアドバイス・サポートをしてくれます。英語のできるスタッフが在籍しているので、外国の投資家からのニーズにも対応可能です。

おすすめのマンション投資会社
みなとアセットマネジメントについて詳しくみる

物件の選び方【新築or中古】

物件選びでまず突き当たるのが、新築にするか、中古にするか、ではないでしょうか。イメージとしては新築のほうがいいように思えますが、こと、マンション投資においては一概にそうとも言い切れません。

それぞれに利点もあれば欠点もあります。そのメリット・デメリットを十分、理解したうえで選ぶようにすると失敗のリスクも低くなるでしょう。

マンション投資における
築年数ごとのメリットを詳しくみる

物件の選び方【一棟or区分】

マンションを一棟まるごと買うのか、それとも一部屋、もしくは数部屋を区分で買うのか、という点も悩みどころ。もちろん、資金力によって選択できる幅は大きく違ってくるでしょう。

こちらもそれぞれのメリットとデメリットを知ることで、自分が買うべきマンションの形態が決まってきます。おすすめなのは区分ですが、その理由についても詳しく解説します。

マンション投資で
区分を選ぶべき理由を詳しくみる

物件の選び方【ワンルームorファミリー】

新築か中古か、一棟か区分か決めていったら、最後はワンルームにするのか、それともファミリータイプにするのかを決断しましょう。

規模からいって、投資しやすいのはワンルーム。しかし、高額な家賃収入が望めるのはファミリータイプ。と、それぞれに魅力があります。どの世代・層をターゲットにするのかによっても、選択すべきタイプは異なってきますが、とくにマンション投資ビギナーに適しているのはワンルームのほうでしょう。

ワンルームマンションに
投資するべき理由を詳しくみる

マンション投資のテクニック【立地】

マンション投資において立地は、その成否を左右するほどもっとも重要なファクター。どんなに立派な建物でも、どんなに相場より安い家賃でも、的外れなロケーションに立地するマンションは入居者も集まりません。

大都市圏の物件か、地方都市圏の物件かでも空室リスクや収益性は大きく異なります。

もちろん、収益性が高いのは東京などの大都市。では、その東京でも将来性が見込めるエリアはどこなのでしょうか。注目のエリアをご紹介していきます。

マンション投資における
立地の考え方について詳しくみる

マンション投資のテクニック【利回り】

マンション投資の目的は収益を上げること。ですから、利回りよさも必須条件。

利回りといっても、表面利回りと実質利回りとがあります。投資マンションの表示で用いられるのが多いのは表面利回りのほう。当然、この数字が高いほど、収益性も高い傾向にありますが、絶対ではありません。

目先の数字だけにとらわれることなく、長期にわたって収益をあげ続けられる物件かどうかを見定めるようにしてください。

優良物件の目安となる利回りや、逆に怪しむべき利回り率についても解説していきます。

マンション投資で
狙い目の利回りについて詳しくみる

マンション投資のテクニック【中古物件の注意点】

中古マンションには、新築にはない特有のチェックポイントがあります。たとえば、建築年数や資産価値の推移など、新築ではあまり気にしなくてもいいような点を、注意深くチェックする必要があるのです。価格の安さだけで選ぶと、後悔することにもなりかねません。

何よりも大切なのは、入居者が定着してくれるかどうか。そのためには、どういった点に着目すればいいのか、また女性の目線でチェックする重要性などについても見ていきましょう。

中古物件でマンション投資をする際に
気をつけることを詳しく見る

マンション投資のテクニック【収益物件を選ぶコツ】

収益物件を選べるかどうかも、マンション投資の成否をわけるターニングポイント。立地のよく、利回りもいい。そしてマンション自体の質もいい。なのに、それが収益物件であければ、なんの意味もありません。

基本的には立地・利回りが重要ポイントですが、そのほかにも設備や実績など、チェックすべき点がいくつもあります。

これらの条件をすべて押さえて、はじめて収益物件となるわけです。その収益物件の見分け方について解説していきます。

収益の高い物件で
マンション投資をするコツを詳しくみる

マンション投資のノウハウ【競売を利用】

競売を利用してのマンション投資には、メリットもあればそれなりのリスク、デメリットもあります。もちろん、メリットというのは市場価格よりも割安で良質な物件を入手できる可能性があることです。

しかし、安さばかりに目が行ってしまうのも考えもの。競売のデメリットについてもしっかり把握しておかないと、のちのちトラブルとなったり、後悔したりすることになりかねません。

競売には、どのようなリスクが存在しているか解説していきますので、参照してみてください。

マンション投資で
競売物件を狙うリスクを詳しくみる

マンション投資のノウハウ【不動産投資ローンとは?】

マンション投資をはじめるにあたって、融資をうけての運用を検討している方も多いかと存じます。そんなとき、ぜひ活用したいのが不動産投資ローン。

不動産投資ローンは、その名の通り、使途を不動産投資に特化した金融商品。住宅ローンとは審査基準や金利が異なります。

不動産投資ローンをかしこく使うためにも、まずはきちんとそのシステムについて頭にいれておきましょう。大きな資金が求められるマンション投資には欠かせないローンですので、要チェック項目のひとつです。

不動産投資ローンと
住宅ローンの違いを詳しくみる

マンション投資のノウハウ【借入先はどこが良い?】

不動産投資ローンを取りあつかっている金融機関は、都銀をはじめ、地銀や信金、ネット銀行、ノンバンクまで実にさまざま。では、融資をうけるのは、どこの金融機関がいいのでしょうか。

それには、各金融機関の審査基準のハードルや金利などについて調べてみること。決して、どこで借りても同じ、というわけではなく、金融機関ごとに特色があるのです。

そのあたりの情報に加え、覚えておきたいここだけの融資や金利の交渉テクニックについても紹介していきますので、参考してみるといいでしょう。

不動産投資ローンを扱う金融機関の種類を詳しくみる

マンション投資のノウハウ【不動産投資ローンの審査】

いざ、不動産投資ローンを利用するとなったとき、多くの方がもっとも気になるのが審査です。

当たり前ですが、不動産投資ローンには審査基準があり、どの金融機関でもチェックされる項目に差異はありません。ですが、銀行は年収や勤続年数のチェックが厳しい、対してノンバンクはさほど厳しくない、というふうに、金融機関によってハードルのレベルは違ってきます。

みなさん知りたいであろう、審査で振り落とされてしまう人のポイントとあわせ、そのあたりについても説明していきます。

不動産投資ローンの
審査方法について詳しくみる

マンション投資のノウハウ【契約時の手続き・諸費用】

マンション投資にかかる費用は、なにも物件の購入費だけではありまません。諸費用についても勘案しておく必要があります。

もともとの物件価格が高額なため、歩合制が一般的な仲介手数料もバカにならないほか、登録免許税、不動産取得税に加え、印紙代なども重なるとかなりの額になります。

いったい、マンション投資にはどんな諸費用がいくら必要なのか、またどのような手続きで進んでいくのかを把握し、事前準備をしっかりしておきましょう。

投資用マンション購入時に
必要な書類や手数について詳しくみる

マンション経営のノウハウ【空室対策】

マンション投資でうまく経営できるかどうか。その運命を握っているともいえるのが、空室対策です。

部屋がすべて埋まり、同じ住人が恒久的に入居し続けてくれば問題ないのですが、なかなかそううまくはいきません。オーナーにとって、「空室」はもっとも耳にしたくない、恐怖の言葉でしょう。

それでも自助努力だけで空室を完全に回避する方法はありません。しかし、もしも空室ができてしまっても、その収入減を埋め合わせる方法ならなります。その秘密についてご紹介しますので、ぜひご覧ください。

マンション投資に必須の
空室対策について詳しくみる

マンション経営のノウハウ【災害が起きたら…】

避けられないといえば、地震の国・日本において震災をはじめとする災害は不可避の問題です。

だからといって、「地震が起きてしまったら諦めよう」「防ぎようがないなら仕方ない」と投げやりになる必要はありません。一般の住宅と同じように、マンション投資でも災害保険に加入していれば補償がうけられます。

もちろん、地震・災害に強い物件を選ぶこともマンション投資の重要な要素。ではどのような物件を選べばよいのか、そのポイントについても解説していきます。

災害に備える
マンション経営のノウハウを詳しくみる

マンション経営のノウハウ【毎月の経費は?】

マンション投資は、物件を購入したらもう出費がないわけではありません。マンションの経営がスタートすると、いろいろな費用が必要となります。

たとえば、毎月の費用だけでも管理費や修繕積立金、水道光熱費のほか、管理会社に委託していれば管理代行手数料、ローンを組んでいればローン返済金が必要です。

それに加え、年ごとに必要な経費や、物件購入時に必要な経費など、さまざまな消費用が入用となりますので、これらをきちんと把握したうえでプランニングするようにしましょう。

マンション経営に必要な
経費について詳しくみる

マンション経営のノウハウ【リフォーム】

新築物件でも、月日を重ねればいずれは修繕・改修する日がやってきます。「まだ老朽化してないから大丈夫。資金がもったいない」と放置してくと、資産価値は目減りするばかりか、時代遅れの物件となって入居率も低下してしまうリスクがあるのです。

老朽化する前に、時代遅れになる前に、リフォームで先手を打つことが入居率をキープする秘けつでもあります。

では、どれくらいのペースで、どれくらの費用がかかるのか。また、廉価で効率よくリフォームするためのポイントはどのような点なのか、などについてご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

マンション投資で物件を
リフォームするタイミングについて詳しくみる

マンション経営のノウハウ【管理委託】

「自分で何から何までやる」というのなら止めはしませんが、やはり投資としてマンション経営をするのであれば、管理会社に業務を委託するのが現実的、かつ効率的でしょう。

管理会社を利用するメリットを知ることで、その意味がよく理解できると思います。とくに、会社員の方などで、副業としてマンション経営をするケースでは必須。兼業で経営していると、管理を委託するかどうかで、あげられる収益もあげられなくなるリスクがあるのです。

また、マンション管理の委託形態には3つパターンがあり、それぞれのメリット・デメリットについても必ず押さえておきましょう。

マンション経営に必須の
管理委託について詳しくみる

マンション経営のノウハウ【確定申告】

マンション経営をはじめたあと、忘れてはならないのが確定申告。毎年2月から3月にかけて申告するのですが、申告漏れしてしまうと滞納による延滞金などで予想外の出費を強いられることになります。

ですが、青色申告を活用して申告すれば、節税効果が生まれます。所有物件の規模にもよりますが、10万円から65万円が控除されるほか、赤字は翌年に繰り越して黒字額を圧縮できるなどのメリットが。

青色申告に必要な書類などとともに、そのあたりについて解説していますので、目を通してみてください。

マンション経営時の
確定申告について詳しくみる

マンション経営のノウハウ【売却】

なにも、同じ物件を持ち続けることがマンション投資ではありません。売却益をもとに新たな物件を購入したり、現金化のためにやむなく売却したりしなければいけないケースもあるでしょう。購入前に、必要に応じて手放すことも考えておくことが、かしこい投資方法なのです。

そこで必ず覚えておきたいのが、いわゆる任意売却です。

任売は競売に比べてメリットが大きく、優位に物件を手放すことができます。ただし、重要なのがタイミングで、売却時期を間違うと利益にならないことも。マンション投資の出口戦略として、任売についても頭に入れておきましょう。

投資用マンションの
売り時について詳しくみる

マンション経営のノウハウ【法人化】

マンション経営が軌道にのってきたら、視野に入れおきたいのが法人化。法人化のメリットは、節税効果がえられる点です。

「家賃収入が1,000万円を超えたら法人化」という説もありますが、家賃収入だけで判断するのはNG。相応の収入があってもそれ以上に出費があれば法人化しても「旨味」はありません。

では、どのタイミングで法人化すればよいのでしょうか。法人化のメリイとやデメリットとともに、詳しくご紹介していきますので、こちらも要チェックです。

法人化してマンション投資をする
メリットを詳しくみる

サラリーマンのお金の悩み【今後の教育費】

会社員世帯のお金に悩みのなかでも、切実なのが教育費の問題。子どもを私立校に行かせるとなると、それなりの覚悟が必要です。

たとえば、公立だと幼稚園から大学まで通っても約800万円。かたや同様に私立に通わせるとなると、約2,000万円かかるといわれています。1人であればまだしも、複数の子どもがみな私立に行くとなると…。

対策としては学資保険もありますが、実はマンション投資も教育費対策の有効な手段のひとつなのです。その理由をご紹介していますので、お子さんをお持ちの世帯は、ぜひ参考にしてみてください。

サラリーマンを悩ませる
子どもの教育費を詳しくみる

サラリーマンのお金の悩み【上がらない給料】

いまの日本社会の問題として、働けど働けどなかなか給料が上がらない、という現実があります。いまだ年功序列が幅を利かす日本の会社では、実力が給料に反映されにくいのです。

ならば、副業にその補填を求めるというのが会社員の性。マンション投資は、一定の範囲内であれば副業規定に抵触しない場合や、認められるケースも多々あり、会社員の副収入にはうってつけ。

会社員がマンション投資をするメリット・魅力についてもまとめていますので、ご覧ください。

サラリーマンが給料以外の
収入を得る方法について詳しくみる

サラリーマンでもできる副業とは?

みなさんのなかには「副業で収入を得る=副業の労働時間が必要」と、お考えの方はいらっしゃいませんか?

間違いではありませんが、必ずしもそれは当てはまりません。会社員でもできる副業には、せどりやライティングなどweb系の仕事や、プログラミングやイラストなどの技能系の仕事のほか、株やマンション投資などの投資もあります。

このなかで、時間がなくても、かつ誰でも安定して稼ぐことができるのが、マンション投資。そのおすすめの理由を探っていきましょう。

サラリーマンでもできる
副業について詳しくみる

新しいマンション投資【マンスリーマンション】

マンション投資とひと口に言っても、いまは多角化してきています。その代表的な例が、マンスリーマンション。関東では2年ごと、関西では1年ごとが一般的な契約形態とは違い、月契約ならではのメリットがあります。

たとえば、競合が少ない、家賃を高めに設定できるなどがそれ。うまく活用すれば、ふつうの賃貸マンションよりも高い収益性が期待できるのです。

半面、マンスリーならではのデメリットも。その利点、欠点をご紹介しますので、マンション投資の参考としてください。

新しいマンション投資の形・
マンスリーマンション投資について詳しくみる

新しいマンション投資【民泊】

法整備もあり、近年、新たな宿泊形態として一気に増加している民泊。世界的にはメジャーな宿泊形態ですが、日本で民泊が市民権を得てきたのはここ数年のことです。

この民泊も、投資対象として注目されています。設備投資がかからず、一般マンションよりも収益力が高いことなどがメリットでしょう。

ですが、民泊は「住宅」ではなく、宿泊施設。住宅宿泊事業法によって、さまざまな規制も設けられており、抵触すれば罰則もあります。今後の市場の予測・将来性とあわせ、そのあたりについて解説していきます。

新しいマンション投資の形・
民泊運営について詳しくみる

新しいマンション投資【シェアハウス】

2000年代に入ってから注目されるようになったシェアハウスも、投資家の間では優良な投資対象とされています。

1つの物件を複数人でシェアするという独特のスタイルから、空室率が低い、収益性が高い、入居者が入りやすいなどのメリットが。

もちろん、シェアハウスならではのリスクもありますので、両方を知っておく必要があるでしょう。シェハウスと賃貸マンションの収支の違い、民泊やゲストハウスとの違いとあわせ、説明していきましょう。

新しいマンション投資の形・
シェアハウス運営について詳しくみる

新しいマンション投資【海外マンション】

マンション投資は、なにも日本国内に限ったことではありません。マンションさえあれば、世界中どこの国の物件でも投資対象となります。

もちろん、法律も異なれば、慣習や言語も異なるため、日本と同じようには運営できないでしょう。しかし、そうしたデメリットをクリアできれば、高い利回りが期待できたり通貨分散できたりと、メリットも大きいのです。

海外マンション投資の注意点、気をつけるべき点とともに取り上げていますので、チェックしてみてください。

新しいマンション投資の形・
海外マンション投資について詳しくみる

初めてのマンション投資でも
安心して相談できるおすすめの会社5選

掲載されている情報は、管理人が個人で集めたものです。
最新の投資会社情報等は、各公式ページでチェックしてください。

初心者もスッキリ!マンション投資のギモンを解決
そもそも、儲かるの?
どういう仕組みなの?
どれくらい資金がいるの?
マンション投資のメリットをわかりやすく解説!
年金になるってどういうこと?
どれくらいの節税効果があるの?
生命保険の代わりになるってホント?
資産運用はうまくいくの?
【コラム】リスクやデメリットはあるの?
セミリタイアできるの?
相続対策に有利って本当?
いろんな人のマンション投資事例を見てみよう!
サラリーマン編
公務員編
女性・主婦編
会社選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
会社を選ぶ基準は?
ダメな会社、怪しい会社の見分け方は?
口コミや評判で選ぶおすすめの投資会社はどこなの?
会社の特徴や評判は?
トラストクリエーション
日本財託
メイクス
ギブコム
レイニッチ
クレアスライフ
アセットリード
リズム株式会社
和不動産
ダイムラー・コーポレーション
みなとアセットマネジメント
物件選びの悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
建物のタイプ編
投資のテクニック編
【コラム】競売で物件を入手するリスクとは?
ローンや契約時の悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
不動産投資ローンは普通のローンと何が違う?
ローンの審査は厳しいの?
契約時に必要な書類や手数料は?
経営・運用についての悩みを解決!【マンション投資のノウハウ】
空室になったら収入ゼロじゃないの?
地震や災害が起こったらどうするの?
毎月の経費はどれくらいかかるの?
物件リフォームのタイミングは?
管理を委託したら何をしてくれるの?
確定申告では何をすればいいの?
ダメな物件はいつ売却するのがいい?
【コラム】法人化した方がいい場合とは?
【用語集】不動産投資の重要キーワード一覧
サラリーマンのお金の悩みを解決!
子どもの教育費ってこんなに!?
給料が全然上がらない・・・
時間がないサラリーマンでもできる副業
新しいマンション投資の形とは?
マンスリーマンション投資
高級賃貸投資
シニア向けマンション投資
民泊運営
シェアハウス運営
海外マンション投資
サイトマップ